先輩留学生から届いた体験レポート!

留学体験談

カナダ 公立中学校留学プログラム ゴールデンヒルズ学区

渡航者プロフィール
留学先 カナダ アルバータ州 ゴールデンヒルズ学区
氏名 I・Tさん (女性)
年齢 14歳
滞在期間 2017年9月~2019年6月
参加プログラム名 カナダ公立校留学プログラム
この参加プログラムの情報を見る
滞在方法 学生寮

留学したキッカケ・理由を教えてください。

私の両親は私が物心ついた時から英語に触れる環境を作ってくれていました。それもあって、私は元々高校から留学する予定だったのですが、中学2年生の夏に急にカナダに行くことを決意しました。中学に入ってから、クラスメイトとの関わりがうまくいかなくなって行きました。陰口やハブなどが当たり前の様なクラスでした。小学校の時からあったのですが、恥ずかしながら自分は小学校の時には何もできませんでした。しかし、ターゲットが自分になったり、行動しても変化が見えないクラスに不信感がより強まり、段々とクラスから、学校から距離をおいて行きました。そんな私を心配して、両親が留学を進めてくれました。ギリギリ学期が始まる時期に急いで学校を決め、VISAなど諸々学校に必要な書類を2ヶ月ほどで用意して頂きました。色々不安もありましたが、今考えると準備期間が短かったのが自分的には良かったかなと思います。悩んだり、不安になって泣いたり、感情が色々あったけど、その期間が短く、飛び込むしかなかった状況がいまの自分をつくったのかなと。留学に行かなかったら、今の自分はなかったです。本当に今回自分の留学に関わってくださっている方々全員に感謝の気持ちでいっぱいです。

学校生活の中で一番印象に残っていることは何ですか

カナダの学校には日本の様に団体で協力するイベントはないので、そこはすごく残念でした。体育祭や文化祭を経験してみたいなと思う時はなんどもありますが、カナダにもHalloween, Christmas などの季節ごとのイベントや、生徒会が考えてくれた学校みんなで楽しむ、セレブレートするイベントが多くて、とても楽しいです。その中でも、Social danceが私にとって新しいことでとても楽しかったです。体育の授業でどの様に踊るかを1ヶ月かけて習います。そして、クリスマスブレイクの前の日にみんなで体育館に集まり踊ります。その日は女の子はドレス、男の子はスーツなどの正装を着て踊ります。その日はとても寒かったのですが、お友達と集まって、外で写真を撮ったりもしました。体育館の隣にあるクラスにはサンタになった先生と一緒に写真を撮れるブースがあり、そこでも写真を撮りました。日本の学校では絶対に体験することができない経験ができてとてもいい思い出です。他にも、みんなでオレンジやピンクのトップスなどを着て、サポートをする日などもあり、学ぶ事もあるイベントもありました。もう一つとても印象に残っていることは、旅行です。Grade9の生徒だけが参加できるイベントです。両親に参加費を払ってもらい、参加しました。Quebecやなどを観光しました。歴史ある建物を見て、カナダの歴史をより深く学んだり、バスでみんなで音楽を聞いたりと、色々な貴重な経験をしました。8日間ずっと友達と過ごすということは初めてでしたが、とても楽しかったです。普段の学校生活も何も特別なイベントがなくても毎日楽しくてもっとシェアしたい事がたくさんあります。そのぐらいたくさん楽しい、貴重な体験がたくさんできます。学校嫌だなと思うことは2年目にはもうなかったです。先生が本当に協力的なので、困った事がっても、前に進めました。

滞在先で印象に残っているエピソードを教えてください。

私はゴールデンヒルズに留学していた2年間を寮で過ごしました。そこのスーパーバイザーは韓国の方で、韓国人の友達には韓国語で話していたりもしました。たまに羨ましいなと思っていましたが、自分からどんどん話しかけるうちに、向こうからもたくさん話しかけてくれて、良い関係だったと思います。あまり英語が上手じゃない人もいて、難しい話をその人とするのは大変でしたが、その方は誰よりもみんなのことをよく見ていて、毎日の様に話しかけてくださいました。もちろん英語がパーフェクトの人もいるので、生活は全然問題なかったです。色々なアクティビティがほぼ毎月あります。それも楽しかったけど、毎日の普通の生活の方が思い出が濃い様に感じます。日本人の女の子が多くて、学校終わりはその子たちと一緒にいる事が多かったです。自分の国の人と過ごしている人たちがほとんどでした。でも自国の人達でずっと一緒にいるということはあまりないです。みんなフレンドリーでキッチンやリビングで見かけたら一緒に少し話をしたり、一緒に買い物やご飯に誘ったり、ファミリー見たな感じでした。ですが、韓国の人が多くて、あまりドームの韓国の女の子たちが他の国のこと話す光景はあまり見られませんでした。とても友達になりずらい、話しかけずらかったです。

参加した課外活動について詳しく教えてください。

課外活動?がちょっとどういうのか分からないんですけど(笑)、学校でも外でもクラブやコミュニティには参加していませんでした。基本的に勉強と遊びがメインの生活でした。自分でもびっくりするぐらい日本にいた時より勉強するようになりました。でも学校に色々クラブが多かったです。スポーツがほとんどでした。トライアウトしてからメンバー入りだったので、トライアウトで落ちてしまったり、トライアウトの人数が多くてトライアウトすらしなかったクラブもありました。

留学中、どのような友人が出来ましたか?交友関係について教えてください。

中学校にはそこまで留学生がいなくて、日本人も私を含めて、3、4人ほどでした。女の子の数も少なくて、8年生の頃はあんまり学校では留学生と一緒にいることは少なかったです。8年生の時はあまり友達を積極的に作るタイプではなかったので、周りに比べたら少なかったと思いますが、とてもいい友人関係がつくれたんじゃないかなと思います。一番よく話をしていた子がカナダ人の友達の中でもとても早く喋るので、その子のお陰でリスニングは早く成長する事が出来ました。寮には年上の人ばかりで緊張していましたが、みんなとても良い人たちばかりで、日本人の先輩方とも仲良くなる事が出来ました。特に9年生になったら、日本人の友達が増えました。大学のことなど色々相談もできて、みんな良い意味で先輩感がなくて、良い友達です。個人的に日本よりさっぱりした関係が築きやすいなと感じました。9年生になると緊張せずに話しかけられたので苦労することなくクラスの人と話せました。海外ならではのバースデーパーティーも経験して本当に楽しいです。中学の留学生の女の子の数も増え、ランチをその子たちと食べたり、一年目の時より、国際的になって行きました。始めは日本よりラフな関係にカルチャーショックでしたが、いまではすっかりその環境にも慣れました。友人関係も留学行く前の悩みだったので、心配でしたが、本当に良い人たちばかりで、恵まれていて、とても楽しい生活を過ごす事ができました。色々な国の人たちとお友達になる事で、色々な国にいけるのでそれも一つ留学の魅力かなと思います。

日本の学校や生活と大きく異なると感じた点を詳しく教えてください。

色々大きく違うなと感じる事はありました。前の質問のところでも言った通り、友人関係は日本に比べラフで、ほとんどみんな色々な人と友達と言う事が多いです。私の日本の学校はグループの様な感じが多かったのですがカナダは少なくびっくりしました。もちろん、クラスによって異なりますが、ギスギスしている事は全然ないです。あまり、みんな勉強しないのにもびっくりしました。これも人によて様々ですが、圧倒的にテスト前に勉強しない人が多かったです。日本はみんな徹夜で勉強してると聞いたのでびっくりしました。先生からあまり宿題を出される事はないです。その分全部自己責任。自分で勉強、課題も計画をたてて進めなければいけないのが大きな違いだなと思いました。校則もないと言っても良いほど厳しい校則はないので、自由です。基本法律を守っていれば問題ないので、自分がそこをちゃんと判断できるかがキーだと思います。日本より早い段階で大人と同じ様に扱われる事が多いなと感じました。また他にもスーパーや道端で普通に挨拶うるのが当たり前で、その様な会話を通して、英語を話すことの自信にも繋がりました。今では知らない人と日本語で会話する方が緊張したり。。(苦笑)挨拶は本当にいいし、暖かい気持ちになるので良いなと思いました。他にもglobal warmingについて考える機会が多く、自分でも少しでもできる事があればと考えて行動できる様になりました。

留学中、どのようなことで最も困りましたか?又、その点をどうやって克服したか教えてください。

色々困ったことはあったのですが、一番は家族に会えなかったことかなと思います。家に帰ったらいつも当たり前の様にいた家族に長期間得ない環境はとても辛かったし困りました。もちろん英語の面でも困ったことが色々あったのですが、家族のに会えなかったのは本当に辛かったです。英語力は自分が頑張ればどうにかなる問題だったので、そこまで気にせずに過ごしていました。期間が経てばたつほどホームシックは薄れて行きましたが、やっぱり急に恋しくなって帰りたくなったりしていました。でも、帰る日にちはわかっていて、電話もよくしたりしていたので、その日にち目指して頑張ろうと思ったり、電話でよく元気をもらって気持ちを切り替えていました。現地での友達と遊んだりすることでも切り替えていました。日本にる時よりも両親への感謝や尊敬が深まった様に感じます。私の場合英語力が元々あった訳ではなかったので、できる様になるまでは少し大変でしたが、悔しいと言う気持ちがバネになって、英語が元々好きと言うこともあり、英語の勉強は初めの数ヶ月は少し大変でしたが、そこまで苦ではありませんでした。

留学して良かったと思うことを教えてください。

色々ありすぎて何から言おうか、、(笑)一言で言うと、"成長できた"というのがよかったなと思います。中学校1年生の頃は色々あり自分の性格が変わって、静かなダーク性格になっていました。弱くて、いつも頼ってばかりで、留学当初もかなりきついなと思うことも多かったです。泣く日が多くて、自分はここで一人でやっていけるのかな、正直いますぐ帰りたいと思うこともありました笑。でも友達、両親色々な人たちに支えられて、励ましてもらい、ここまでくる事が出来ました。なかなかすぐに気持ちの切り替えをするのは厳しかったけど、両親に何か変わった所を見せたいと思っていたので、頑張る事が出来ました。誰かが自分の頑張りを認めてくれることで、どんどん成長できました。元々勉強が嫌いだった訳ではないのですが、日本の時より自分から勉強する事が多くなりました。責任感をもっと持つ事が出来っと思います。まだまだ未熟ですが、色々自分でできることが増えました。色々な人と関わる事で、考え方にも変化が現れ、視野が広がりました。国際的な問題を考える様になったり、政治的な問題も考える様になりました。覚える授業より、考える、話す授業が多いのでそれが自分のステップアプに大きく繋がりました。その様なクラスで英語力の成長はもちろんですが、プレゼンを一人でしたりと、昔の自分だったら絶対できなかったことをして、何かを得ていけているのは良かったなと、重要だなと感じています。留学を通して、昔気付けなかったことに気づける様になり、感謝をする事が増えたかなと思います。他の人より早く親元を離れることで、少し大人の考えができる様になったりと、英語力はもちろん、本当に変わった事が増え、留学して良かったと心から思っています。

留学前と後で、あなた自身はどんな点が変わりましたか?或いは周囲の人たちにどんなところが変わったと言われますか?

一番よく言ってもらうのは、外見が大人っぽくなったねといわれる事が増えました。元々大人っぽいと言っていただく事が多かったのですが、大人っぽい海外の子たちと過ごして行く中でより一層言ってもらえる様になりました。たまに大学生と間違えられたり、テーマパークなどで海外の方に間違えられたりもします笑。その次によくいわれるのは、やはり英語に関してです。留学したからにはネイティブと同じくらいになりたいと言う気持ちが強くその意思を持って勉強しているので、伸びたのを確認できるはとても嬉しかったです。特に、外国の方に英語に関して言ってもらえるのはとても光栄でした。個人的には私の英語は60ほどだなお思っているのでもっと上を大学までに目指して頑張ります。これは一番留学後の変化で良かったなと思っているのは内面の変化です。元々めちゃくちゃゲラでポジティブな感じだったのですが、2年ほど暗くて、でも留学に行って、元の自分自身を取り戻せて、自分に自信を持てる様になったり、自分のことを認められる様になりました。おばあちゃんからも内面に関していわれる事が多くなりました。一人で生活していると、自分の行動が両親のイメージに繋がるという意識がより強くなり、自然と言葉遣い、行動に出る様になりました。色々自分以外の事を考えられる様になったのもこの留学を通してでした。両親との会話のバラエティが広がり、深い話も色々する様になりました。両親との関係も前より良好なんじゃないかなと感じています。普段会えない分、会えたときに今までと少し違った感じで過ごせたり。両親には常に感謝しています。それを素直に伝えられる様になったのも留学後の変化かなと。 

これから留学する後輩たちにどんな言葉をかけてあげたいですか?

あまり悩み過ぎないのが意外とキーかもしれません笑。色々不安になったり、泣きたくなったりもあると思います。でもみんなあります。なのであまり一人で悩み過ぎず、誰かと話すのが良いと思います。ポジティブに考えた方が正直楽です笑。どんどん自分の気持ちを上手くコントロールできる様になると思います。そしたらもっと留学が楽しくなるよ。留学行ったら、絶対に英語の壁にぶつかると思います。でもそこで、ちゃんとその壁を越えられる様に努力するのが大切です。うまい下手は考えず、自分の思っていること、考えを伝えるのが大切です。じゃないと先にはなかなか進めません。英語を伸ばすために、英語のムービーみるとか簡単な小さいことからでも、自分を英語だけの環境におくことで自然に英語の壁は越えられると思います。英語力の伸びは人によって様々です。だから周りの人と比べずに、焦らず自分のペースで頑張るのが一番良いと思います。これをしたら絶対伸びる勉強法とかも正直ないです。でも1つだけ、シャイになっていたら、ダメ。勇気を出すのが大切です。一回踏み出せたら次から楽に踏み出せるので頑張って見てください。自分はシャイ、話をあまりする方じゃないと思っている人でも大丈夫です!2年前まで暗かったわたしでも今では毎日充実して過ごしています!自分の行動次第でその先の自分は大きく変わって行きます。なりたい自分、目指している先に向かって自分なりのやり方を見つけるとより楽しく過ごせるかも。お互い充実した留学生活を過ごせる様に頑張りましょう!

お子様の留学は個々の状況に応じてことなります。 第一歩としてお子様の状況、ご希望のイメージをお聞かせください。

               大学生&社会人留学専門 EDU*Japan By 海外教育研究所 サマースクール 2020年度夏休みプログラム 東京インターハイスクール J-CROSS 留学サービス審査機構                無料資料請求受付中 | ご希望の留学資料をお送りします。 留学体験談 - 先輩留学生からの体験レポート(小学生 - 中学生 - 高校生) トビタテ!留学JAPAN JAOS 海外留学協議会 SUNDAI GLOBAL CLUB - 駿台グローバルクラブ FIA 国際教育アカデミー 帰国・海外子女のためのオンライン家庭教師【TCK Workshop】
大学生&社会人留学専門 EDU*Japan By 海外教育研究所 サマースクール 2020年度夏休みプログラム J-CROSS 留学サービス審査機構 スタッフ募集ページ 無料資料請求受付中 | ご希望の留学資料をお送りします。 留学体験談 - 先輩留学生からの体験レポート(小学生 - 中学生 - 高校生) JAOS 海外留学協議会 SUNDAI GLOBAL CLUB - 駿台グローバルクラブ FIA 国際教育アカデミー
先頭へ戻る