世界中のあらゆる人との繋がり

イギリス

英語、ボーディングスクール発祥の地
イギリスで質の高い教育を受ける

イギリス地図

言わずと知れた紳士・淑女の国イギリス。イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの地域から成る国で、経済的、文化的に世界をけん引する存在です。サッカーやラグビー、クリケット、ゴルフなど世界的に愛されるスポーツ発祥の地で、こういったスポーツを本格的に極めることを志す若いアスリートが多く集まる憧れの地でもあります。

英語発祥の国らしく、街中にはおしゃれで歴史的な建物の中に多くの語学学校が見かけられ、世界中から集まった数多くの若者が学んでいます。有名な街は首都である世界都市ロンドン、世界トップレベルの高等教育機関が集まるオックスフォードやケンブリッジ、南部のリゾート地として名高いブライトンやボーンマスなどです。

子どもの単独留学(保護者の同伴なし)では私立校への留学となります。私立校は、プライベート・パブリック・スクール、またはインディペンデント・スクールと呼ばれ、伝統あるハイレベルの学校が数多くあります。これらの学校では、留学生は大半の場合、寮生活となります。寮生活では、他の寮生と生活を共にすることで友情を深め、生活ルールやマナーも身につけます。寮には寮母や寮長が共に暮らし、生活全般のお世話をします。寮制学校の意味を持つボーディングスクールの中には留学生を受け入れる体制が整っている学校もあり、留学生用の英語の授業(ESL)なども設けています。英語力のない学生は、授業についていけるまで、集中的に英語力を伸ばす授業を選択することも可能です。

イギリスでは、日本の学校のように受験日はありません。定員に達した段階で募集を締め切ります。入学するには各学校が設ける試験と面接を受けます。(面接がない学校もあります)出願には日本での成績や推薦状を提出します。英語力がない場合でも不合格になるとは限りません。選考では、過去の成績や本人のやる気などが考慮されます。

イギリスの基本情報

公用語 英語
首都 ロンドン
最大の都市 ロンドン
面積 244,820km²(日本の約分の3)
人口 61,565,000人(日本の約2分の1)
人口密度 246人/km²(日本の約10分の7)
通貨 イギリスポンド(£)
日本との時差 -9時間
民族 ゲルマン民族系
ケルト系
インド系(印僑)
アフリカ系
アラブ系
華僑

日本の教育とはここが違う!

イギリスのボーディングスクールの多くは、マナーや規律、協調性を重視した、厳格な紳士・淑女教育を行っています。生徒一人ひとりの個性を尊重し、少人数制の下、個々の興味や好奇心を思う存分追求できる環境といえます。クラブ活動では、音楽、アートを始め、サッカー、ラグビー、ゴルフなどイギリス発祥のスポーツも盛んです。学習指導はもちろん、人格教育を目的とした奉仕活動の時間も多く設けられています。

イギリスの教育システム

イギリスの義務教育期間は、通常5~16歳までの11年間です 。日本の義務教育の9年より2年長くなります。14歳から2年間GCSEという16歳で受験する国家試験の勉強をします(最低5教科)。そし て、16歳から2年間は18歳で受験するAレベルという国家試験のための勉強をします(最低3教科)。14 歳までは約10教科を勉強します。

国レベルの統一試験GCSE(General Certificate of Secondary Education)では、約30の試験科目から自分の適性や能力に合わせて最高10科目まで自己選択して受験します。選択できる科目は、英語、数学、生物、物理、化学の他、フランス語、スペイン語などの外国語科目です。試験形式は、暗記よりも理論的な思考と理解力が試される短い論文形式の回答主体です。結果はA(最高)から成績順にアルファベットでグレード付けされます。この試験で所定の成績を修め、次の教育機関へ進学します。日本の学校のように、一定期間在籍すればほぼ自動的に卒業資格がもらえるわけではありません。

イギリス国内外を問わず、大学進学を希望する生徒は、この後 Aレベル(General Certificate of Education, Advanced Level)という統一試験を受験します。Aレベルの試験は、日本で言う高校卒業の段階で受験します。AレベルはAS levelとA2levelに分かれています。 AS levelでは平均5教科、A2levelでは平均4教科を履修します。Aレベルでは、大学の基礎科目レベルの知識を習得します。大学の学部課程が3年間というのもイギリスの特徴です。

Aレベルの試験で要求されるものは、日本の大学の教養課程に相当する高度な内容になっており、その成績はイギリスの大学に進学する場合も、日本の大学を受験する場合も、重要な合否審査基準となります。日本の大学へ入学する場合は、A2レベルを最低2教科合格しなければなりません。帰国子女枠で多くの大学がA2レベルの結果、面接、小論文で受験を受け付けています。学校からの推薦文も合否に大きく影響します。

学年対応表

日本 幼稚園など 小学校 中学校 高校
年齢 5-6歳 6-7歳 7-8歳 8-9歳 9-10歳 10-11歳 11-12歳 12-13歳 13-14歳 14-15歳 15-16歳 16-17歳 17-18歳
学年(Grade) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
イギリス Pre Preparatory School Preparatory School Public School
Senior Hight School
Senior School
(Sixth Form)
Pre Preparatory School Preparatory School Public School
Senior Hight School
Senior School
(Sixth Form)
Pre Preparatory School Preparatory School GCSEコース A-Levelコース

初年度留学費用の目安<私立校(寮制)>

学校名 Taunton School International Bosworth Independent College Kent College, Canterbury
入学金+学費(寮費・食費含む) £40,540 £34,650 £46,500
日本円換算* ¥5,480,000 ¥4,680,000 ¥6,277,500
往復航空券 【目安】 ¥200,000 ¥200,000 ¥200,000
海外留学保険(1年間)【目安】 ¥250,000 ¥250,000 ¥250,000
1年間に必要な費用合計 【目安】 ¥5,930,000 ¥5,130,000 ¥6,727,500

*2016年10月現在のレート(135円/1ポンド)で算出しています。
*費用はあくまでも目安です。実際の費用は各学校の料金及び為替レートによって異なります。
*入学金にはデポジットも含まれています。
*お小遣いや休暇中にかかる費用、弊社のコンサルティング費用、留学中のサポート費用などは別途必要です。

他の国を見る

 

お子様の留学は個々の状況に応じてことなります。 第一歩としてお子様の状況、ご希望のイメージをお聞かせください。

大学生&社会人留学専門 EDU*Japan By 海外教育研究所 サマースクール By 海外教育研究所 J-CROSS 留学サービス審査機構 無料資料請求受付中 | ご希望の留学資料をお送りします。 留学体験談 - 先輩留学生からの体験レポート(小学生 - 中学生 - 高校生) JAOS 海外留学協議会 SUNDAI GLOBAL CLUB FIA 国際教育アカデミー
大学生&社会人留学専門 EDU*Japan By 海外教育研究所 サマースクール By 海外教育研究所 J-CROSS 留学サービス審査機構 無料資料請求受付中 | ご希望の留学資料をお送りします。 留学体験談 - 先輩留学生からの体験レポート(小学生 - 中学生 - 高校生) JAOS 海外留学協議会 SUNDAI GLOBAL CLUB FIA 国際教育アカデミー