ホーム > 中学・高校留学 オセアニア特集!!

中学・高校留学 | オセアニア特集!!

中学・高校生にオセアニア(オーストラリア・ニュージーランド)留学がお勧めなワケ

ご存じの通りオセアニアは自然が豊かで、のんびりとした生活を送ることができる国です。気候も温暖で日本人にとってはかなり過ごしやすいと言えます。
他の英語圏の国々と比較してもオセアニアの犯罪率は低く、未成年のお子様を単独で送り出すのが 心配な親御様にも安心してお勧めできます。

日本との時差は一番大きな時で4時間。お子様が下校して夜ご飯を終えた頃に、日本にいる親御様とゆっくり話ができるのが魅力です。何か緊急な対応が必要な場合においても、連絡が取りやすいという点で安心です。

オーストラリアとニュージーランドは世界屈指の「教育大国」です。
世界でもトップクラスの就学率を誇り、高等教育も国際的に高い評価を受けています。
トップレベルの教育と快適な生活環境により、オーストラリアにおいては年間50万人以上もの留学生がオーストラリアの教育機関で教育を受けています。
未成年の留学生を受け入れるにあたって国が一定基準を定めた制度がしっかり整っており、国と地域社会に守られた中で世界に通用する教育を受けることができます。

オーストラリアとニュージーランドは4学期制(2月、4月、7月、10月)です。
他の英語圏の国の多くが学年の最初の学期からしか留学生を受け入れないのに比べて、オセアニアの学校では基本的に年に4回の学期始まりに合わせて入学できます。
日本人留学生の場合には、3月に日本の学年を修了してから現地の2学期(4月)に合わせて入学をする場合がほとんどです。
また現地の授業についていく英語力に自信がない場合には、現地の正規教科を取りながら、学内にある英語補助授業も取ることができます。
英語での授業に慣れてくるに従い、英語補助授業の時間数を徐々に減らしていくことができ、個々人の能力に合わせてペース配分を決めることができます。
※1週間からの短期でも受け入れてくれます。また日本で不登校だった方、成績に不安のある方も是非ご相談ください。

※オセアニアの各国へ未成年者が単独で留学できる年齢は以下の通りです。

オーストラリア → 13, 14, 15歳(州による)
ニュージーランド → 11歳(受入校が限定される)

学校の一例

オーストラリア留学の詳しい情報はこちら

◆学校名:Buckley Park Secondary College  中心地より10キロ圏内 ESLの有無:有
バッカリー・パーク・カレッジはメルボルン北西に位置し、中心部へのアクセスも便利な学校です。カレッジでは生徒個人の学力・自己発達の向上を目指して各生徒の進展具合に応じた幅広いカリキュラムを提供しています。高い質と経験を持った教師陣が、生徒達の大学進学もしくはビクトリア州高校卒業資格を優秀な成績で得るために、常に全面的にサポートしております。また特別プログラムとして10年生からワークエクスペリエンスに向けての準備にとりかかります。11年生からは生徒各個人の長所・能力を見極めて将来に向けた最良の進路を選びます。また留学生コーディネーターがお子様をしっかりサポート。生徒個人の努力と教師陣の全面的サポートの結果、地元からの進学者のみならず、留学生達も極めて優秀な進学結果を残しています。
◆学校名:Rowville Secondary College  中心地より約30キロ ESLの有無:有
ロービル・セカンダリー・カレッジは大規模な共学校でメルボルン南東に位置しています。個々の学生が社会で成功を納めながら働き、生きていけるための技能技術を備えることを使命としています。ジュニアスクールの7~8学年では教師の数を減らして、学生のグループ学習を強化し学生同士の相互関係を発展させるプログラムを、9~12学年ではビクトリア州高校卒業資格取得に向けての様々な分野の強化プログラムをおこなっています。また特別プログラムとして、10~11学年から始まる大学進学のための各専門強化プログラム、職業訓練コースなどがあります。また専任の留学生カウンセラーが常駐。留学生への細やかなサポート体制を誇っているほか、日本とイタリアに姉妹都市提携校を持ち、国際文化交流を積極的に行っています。
◆学校名:Applecross Senior High School  中心地より10キロ ESLの有無:有
アップルクロス高校は勉学、スポーツや文化活動などあらゆる分野において定評があり、1,000人以上の生徒を抱える大規模校でありながら、勉強面のみならず生活面も含めたケアもしっかりしてくれます。近隣にはパースを通勤圏とする家族が多く住む安全な地域です。生徒の7割以上は大学に進学する傍ら、個々人の個性を尊重した教育が行われており、そのための設備や教師を揃えています。移民や留学生用には国語、数学、理科、社会などの基本科目を英語で学ぶにあたっての準備授業過程も設けられています。音楽(楽器)やテニス活動が盛んですので、現地でも引き続きこれらのスキルの向上を考えている人にはお勧めの学校です。
◆学校名:Greenwood Senior High School  中心地より17キロ圏内 ESLの有無:有
グリーンウッド高校はパース中心地から北に約17キロの閑静な住宅街にある中規模校です。周辺には自然が多くあり、生徒の生活環境としても最適です。この学校の誇りは何と言ってもその施設で、全館で利用可能な無線インターネット、最先端の設備が備わった図書館、アートやダンス、音楽(録音スタジオ完備)など、生徒の才能を最大限に引き出すための準備ができています。学内には進学前に英語のみを学ぶ留学生用の施設もあり、同校の生徒以外に130人の留学生が6ヶ月~1年のコースに参加しています。高校の正規課程に入学後も、様々な言語を話すスタッフが親身にサポートしてくれます。

ニュージーランド留学の詳しい情報はこちら

◆学校名:Glendowie College
都市名:オークランド ESLの有無:有
オークランド市内中心部から車で20分ほどの海辺にある閑静な住宅街の共学高校です。
全校生徒950名程という小規模な環境で、アットホームな雰囲気の中で学習出来ます。更に留学生にとっては、現地学生と知り合う機会をより多く得ることができる環境でもあります。
◆学校名:Takapuna Grammer School
都市名:オークランド郊外 ESLの有無:有
ノースショア地域にキャンパスを構える、アカデミック色の強い学校です。広大なキャンパスには近代的な施設が完備されており、質の高い教育を提供しています。またこのエリアは非常に治安が良く、学校ではもちろん、通学中やホームステイでの安全性も高い地域です。学校から望む景色はあまりの美しさに圧倒される程です。
◆学校名:Rangitoto College
都市名:オークランド郊外 ESLの有無:有
ニュージーランド最大規模を誇る学校で、ニュージーランド国内からも都市を越えて通う生徒がいる程、人気があります。キャンパス内のフィールドだけでも10近くを数え、その施設の充実度は抜群です。また、学力レベルも高い学校ですので、ある程度、英語力があることが望ましいです。
◆学校名:Mercury Bay Area School
都市名:コロマンデル  ESLの有無:有
オークランドから2時間半ほど南東に下ったマーキュリーベイの学校です。当校は小学校から高校までが一つのキャンパスにあり、5歳から19歳までの学生が通学しています。総学生数が800名にも満たない小規模な学校ですので、各学生にきめ細やかなケアと質の高い教育を提供しています。
◆学校名:Cashmere High School
都市名:クライストチャーチ ESLの有無:有
学校があるカシミア地区はクライストチャーチでも高級住宅地のため環境がよく、創立当初から評判の良い学校です。留学生の受け入れも積極的に行っており、サポート面でも安心出来る学校です。また、音楽活動は盛んでオーケストラのレベルが高いことで知られています。
クライストチャーチ市内にもバスで約15分と交通の便もいい地域です。
◆学校名:Papanui High School
都市名:クライストチャーチ ESLの有無:有
全校生徒約1500名のクライストチャーチでも中規模の男女共学校です。フルタイムESOL( オリエンテーションプログラム)は、週15時間と比較的多く提供されているので、英語が出来ない方でも安心です。留学生担当のAngelaさんは元日本語教師という事もあり、何かあった時には日本で対応してくれます。学校の目の前にはショッピングモールがあり、生活をする上でも大変便利なところに位置しています。
※これらの学校は一例です。学校は他にも紹介しておりますので、詳しくは担当スタッフまでお問い合わせください。

留学費用(現地公立校に一年間通学した場合)

ニュージーランド

都市 オークランド コロマンデル クライストチャーチ
学校名 Glendowie College Mercury Bay Area School Cashmere High School
入学金 NZ$350 NZ$500 NZ$250
授業料 NZ$14,000 NZ$11,000 NZ$13,000
滞在手配費 NZ$400 NZ$150 NZ$150
ホームステイ費
(48週)
NZ$11,040 NZ$9、600 NZ$10,560
現地サポート費 NZ$4,500 NZ$4,500 NZ$4,500
現地費用合計
「日本円換算合計」
NZ$30,290
約2,120,000円
NZ$25,750
約1,802,000円
NZ$28,460
約1,992,000円
お手続き費用 315,000円 315,000円 315,000円
航空券 約150,000円 約150,000円 約150,000円
海外傷害保険 約120,000円 約120,000円 約120,000円
総合計 約2,705,000円 約2,387,000円 約2,577,000円

オーストラリア

州名 ビクトリア州 西オーストラリア州
都市名 メルボルン パース
入学金 AU$220 AU$180
授業料 * AU$11,720 AU$10,700
滞在手配費 AU$230 AU$220
ホームステイ費(48週) AU$11,520 AU$11,520
OSHC保険 AU$354 AU$348
現地サポート費 AU$4,000 AU$4,000
現地費用合計
「日本円換算合計」
AU$28,044
約2,552,000円
AU$26,968
約2,454,000円
お手続き費用 315,000円 315,000円
航空券 約150,000円 約150,000円
海外傷害保険 約120,000円 約120,000円
総合計 約3,137,000円 約2,889,000円

*授業料は学年によって異なります。

資料請求フォーム

下記の資料フォームに必要事項を入力のうえ、「資料を請求する」ボタンを押して下さい。
資料請求された方全員にパンフレットと併せてオーストラリア・ニュージーランドの特別現地視察レポートを差し上げます。

//
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ。TEL 03-6402-9339 受付時間 月~土 10:00~18:00(日曜・祝日除く)